「年末年始にオススメしたいレポート」特集

目次

  • 「年末年始にオススメしたいレポート」特集

「年末年始にオススメしたいレポート」特集

早いもので2021年も終わりが近づき、2022年もまもなくとなりました。今回の特集では2021年に公開したおよそ300本近くある有料レポートの中から、HashHubリサーチャー5名が各々にセレクトした「年末年始にオススメしたいレポート」群をご紹介します。
年末年始の隙間時間にぜひご参考いただければと思います。
コメント:「メタバースにはブロックチェーンが必要だ」とよくある期待を詳細に分解した良いレポート。

【indiv】
コメント:今年のトレンドNFTやGameFiに沿っており、著者の独自性と蓄積に下支えされた言語表現の数々が秀逸。来年に来るであろうDAOブームを批判的に見るためにも使える思考のフレームワークが獲得できる。

【Da-】
コメント:クリプトという常にボラティリティが高く、煽り、はめ込み、爆上げ、退場が散見される世界で、常に心に留めておきたい考え方です。時代が進化しても不変のものだと思います。

【岡島】
コメント:2021年は米連邦議会議事堂への乱入事件とトランプ前大統領のSNSアカウント凍結で幕を開けて、音声SNS「Clubhouse」の栄枯盛衰、フェイスブックの内部告発とダメージを避けるかのような「メタ」への社名変更が続き、SNSが社会的インフラになりつつあり真価が問われ続けた。Web3.0へと移行するにつれてより法と立法府によって定められた枠組みで守られていた表現の自由の権利などをどのような枠組みで管理していくのかなど今後の発展と懸念点を年末年始にじっくりと考えてみたい。

【masao yanari】
コメント:2021年はWeb3.0という言葉がクリプトコミュニティの枠組みを越え「Web3.0とはカクカクシカジカである」という様々な言説が飛び交う年となりました。個々人の背景知識、立場によって様々に描かれるその姿に、霞のような掴み難いモヤモヤとした印象を覚えた人は私だけではないと思います。このモヤモヤはそもそもWeb3.0という言葉が先にあり、その後に言葉が足されて作られたフィクションが混じってしまっているからではないかと私は感じています。本レポートは「Decentralized」というフィクションに囚われたクリプト思考を「便益」という観点から解体し、煮詰まった頭を一度切り離すのにはうってつけです。

※免責事項:本レポートは、いかなる種類の法的または財政的な助言とみなされるものではありません。

タグ