取引所主導の独自ブロックチェーンとDeFiの躍進 2021年上半期の状況概観や各社の戦略

目次

  • 前提
  • 取引所主導の独自ブロックチェーンの躍進
  • Binance、HuobiはEthereumをフォークしてどのように差別化しているのか
  • FTXの戦略考察
  • 取引所が主導するブロックチェーンは生き残り続けるのか
  • 総論

前提

本レポートでは、暗号資産取引所が主導する独自ブロックチェーンとDeFiの躍進について解説します。2021年上半期の状況概観をした上で、各社の戦略の考察を行います。
今回取り上げる企業はBinance、Huobi、FTXの3社です。これらの企業は2021年上半期現在、DeFi(分散型金融)の分野で存在感を高めつつあります。
Binanceは独自ブロックチェーンBinance Smart Chainを開発し、経済圏を拡大させています。Huobiも同様に独自ブロックチェーンHuobi Eco Chainを開発しています。FTXは独自ブロックチェーンではないものの、新興ブロックチェーンのSolana上のアプリケーションとして複数のプロジェクトをリードしていす。
HashHub Researchでは、中央集権取引所がDeFiにどのように向き合っているかを取り上げたレポートを2020年9月に公開しましたが、執筆から半年経ち状況は大きく変わりつつあります。
今回のレポートでは、2021年3月現在での取引所が主導するDeFiや独自ブロックチェーンの状況を広く概観・考察します。

このレポートはBasicプラン、法人会員限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録するか、法人契約を行うことで続きをお読みいただけます。