Binance Smart Chain上のDeFi概観(2020年12月版)

目次

  • 前提
  • Binance Smart ChainのDeFi拡大戦略を5つの要点に整理
  • 数値で見るBinance Smart Chain
  • Binance Smart Chain上の主要なDeFiプロジェクト
  • 総論

前提

本レポートでは、Binance Smart Chain上のDeFi(分散型金融)の2020年12月時点の状況を概観します。Binance Smart ChainはBinance Chainを拡張させる形で2020年9月に公開しました。TendermintをベースにしたBinance Chainのパラレルチェーンとなっており、Binance Chainのアセットをスマートコントラクトでプログラマブルにするためのブロックチェーンです。他の大きな特徴は、EVM互換でEthereumのスマートコントラクトをデプロイできるブロックチェーンであるということです。
関連レポート:Binance Smart Chainの概要、アーキテクチャ、BNBのステーキング要件
https://hashhub-research.com/articles/2020-06-02-binance-smart-chain-overview
関連レポート:中央集権取引所はどのようにDeFi(分散型金融)に向き合っているか(Binance、Huobi、FTX、OKExの事例・2020年9月時点)
https://hashhub-research.com/articles/2020-09-06-how-cefi-confronts-defi
現在はEthereumと同様DeFiでの用途が活発で、様々なアプリケーションやプロトコルが開発されています。本レポートではBinance Smart Chainの近況を概観し、同ブロックチェーンの使用状況や拡大戦略、主要なプロジェクトを網羅します。

このレポートはBasicプラン、法人会員限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録するか、法人契約を行うことで続きをお読みいただけます。