NFT(Non-Fungible-Token)動向レポート【9月版】

目次

  • 前提
  • コレクタブルの夏
  • NFTアートの復活
  • 国内動向のまとめ
  • 総論

前提

本レポートでは、NFT(Non-Fungible Token)の2021年8月の動向を把握することを目的とします。NFTは3月に取引金額のピークを迎え、その後は低調でしたが6月後半から取引量の増大し、そのまま8月の大きな取引金額に繋がりました。この強いトレンドは、まさに NFT Summnerと呼ぶにふさわしいでしょう。

NFT販売の傾向

NFTアートの売り上げは底を打ちしました。キーワード検索も同様に底を打ち上向きです。同様にOpenSeaも7月は右肩上がりとなっています。OpenSeaの取引量はAmazonの10分の1のレベルに達しており既存のビジネスとの比較されるレベルにまで成長しています。
図1のNFTアートは、7月までは取引量が低調でしたが、大きな復活を遂げました。図1は毎月掲載している図です。8月に素晴らしい復活を遂げています。

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

タグ