8/13〜8/26期間限定公開レポート「EIP-1559を理解する」特集のご案内

目次

  • より多くの人に暗号資産・ブロックチェーンの知見を届けるために
  • 「EIP-1559を理解する」特集|8月13日~8月26日の期間限定レポート一覧

より多くの人に暗号資産・ブロックチェーンの知見を届けるために

HashHub Researchでは期間限定で一部レポートを無料会員様向けに公開しています。
HashHub Researchは暗号資産とブロックチェーンを専門領域にしている有料の会員制リサーチサービスです。この業界のリーディングリサーチプロバイダとして、多くの企業会員と個人会員にご利用いただいています。
ブロックチェーン関連の情報は雑多で、深くインサイトのある情報源は限られますが、私たちHashHubは暗号資産とブロックチェーンに特化した企業であり、さまざまな知見を凝縮してリアルタイムでレポートをお届けしています。また有料で展開することにより専門のリサーチチームを内製し高クオリティの情報をお届けすることができています。
しかし有料会員の仕組みを用いていることによって、情報を届けられるのが限定的なコミュニティになっていることもまた事実です。そこで、よりブロックチェーンの面白さを伝えることや、日本国内のブロックチェーンに取り組む企業の知見の支えになれるよう期間限定公開レポートの仕組みを始めます。
期間限定公開レポートは、毎月第二金曜日と第四金曜日に更新されます。各レポートはHashHub Research内で過去に配信されたレポートから、今もう一度読んでおくべきトピックなどを厳選して、2週間公開します。次の期間には新しい期間限定レポートがこのページで更新されます。
限定公開レポートの閲覧、新着の期間限定レポートのお知らせを受けたい方はこちらから無料会員登録してください。

「EIP-1559を理解する」特集|8月13日~8月26日の期間限定レポート一覧

「8月13日~8月26日」の期間限定レポートは「EIP-1559を理解する」をテーマに特集します。
執筆時点のおよそ1週間前である2021年8月5日のEthereumロンドンハードフォークでアクティベートされたEIP-1559とは何か、今回はその概要と今後のEthereum(ETH)への影響と見通しに対する理解を補助することを目的に関連レポート計2本を無料公開致します。
参照:https://github.com/ethereum/EIPs/blob/master/EIPS/eip-1559.md
EIP-1559はVitalik Buterin氏、Eric Conner氏らが2019年4月に提出したEIP(提案書)です。このEIPは将来のEthereum2.0を前提に、Vitalik氏がETHはSupersonic moneyになる、と言及し、のちにETHはultrasound moneyになるというミームとなりEthereumコミュニティ界隈で知られる概念となりました。

ultrasound moneyというミームはEthereum2.0のリサーチャーとしても知られるJustin Drake氏が提唱し始めたもので、主にBanklessがこの概念の普及に努めています。Banklessについてはこちらのレポート(有料コンテンツ)で解説しています。
EIP-1559の提案内容は大きく以下二つあり、Base feeモデルの変更が焦点となります。
  • BASE FEE (基本手数料)をベースにしたオークションモデルへの変更
  • BASE FEEで支払われたトランザクション手数料のバーン
参照:https://ultrasound.money/#join-the-fam
執筆時点ではNFT市場が活発化していることもあり、Openseaだけで約3,927ETH(全体で約31,171ETH)がバーンされており、DeFi関連と合わさり平均するとおよそ3.24ETH/分のペースでバーンされています。
EIP-1559のみでETHはultrasound moneyになるわけではありませんが、1要素として重要であり、今回の特集を通じて、ETHとはどんな資産になることを目指しているのかを理解するための参考にしていただければと思います。

※EthereumのキラーコンテンツといえばDeFi、でしたがDeFiに加えてNFTの動向もここ数ヶ月は目が離せない状態です。EIP-1559の導入により、オンチェーンアクティビティの増加がETHをバーンするペースの増加を同時に意味するものにもなり、その結果DeFiのみでなく、NFTのオンチェーンアクティビティがETHのバーンペースに影響する可能性が高くなっています。有料コンテンツにはなりますが、この両市場動向を追う分析レポートを毎月公開しておりますので、今回の公開レポートと併せてご参考ください。

【関連レポート】
DeFiマーケットレポート【21年8月版】(有料コンテンツ)
NFT(Non-Fungible-Token)動向レポート【8月版】(有料コンテンツ)

【期間限定公開レポート①】
EIP-1559の概要|ETHのトランザクション手数料モデル変更とETHのインフレーションレート下落に繋がる提案

本レポートでは、EIP-1559の提案内容の概説と以下の文中に記されたETHの資産としての性質の変化について解説しています。
1stレイヤーのブロックチェーンのネイティブトークンは、ブロック生成者にインセンティブを与える必要がありますので、常にインフレーションをすることが一般的です。
しかし、EIP1559では手数料で支払われたETHをバーンすることによってデフレーションもし得るコモディティに資産の性質を変化させようとしています。

【期間限定公開レポート②】
Ethereum(ETH)の2021-2023年の中期的な投資見通しについて

EIP-1559を含むEthereum(ETH)開発トレンドやETHの価格に影響しうる機関投資家動向を踏まえて2021-2023年の中期的な投資見通しを解説したレポートです。EIP-1559はultrasound moneyとなるための一部であり、その他の要素を包括的に理解することでETHというアセットが見据える方向性が掴みやすくなります。

タグ