世界の暗号資産取引所ビジネスの定点観測レポート【21年6月版】

目次

  • 前提
  • 現物市場の取引データおよび各社の主要なアップデート
  • デリバティブ市場の取引データおよび各社の主要なアップデート
  • 取引所トークンと関連する各種データ
  • 総論

前提

6月版の取引所ビジネス定点観測レポートを公開します。5月後半に発生した大きな下落によって取引高は大きく伸びましたが、年初から続いた取引所ビジネスの大商いも一旦は収束したようにみえ、値動きのボラティリティも急速に低下しています。とはいえ、数ヶ月続いた盛り上がりによって、メジャー取引所のみならず中堅取引所も収益を大幅に増加させたはずで、1年~数年分の収益を確保できたところも多いでしょう。
一方でボラティリティが落ち着いたことで、下落以降の取引高は下降傾向が見られ、各取引所はIEO、NFT、株式トークン等の施策で取引高のテコ入れを進めると予想されます。

現物市場の取引データおよび各社の主要なアップデート

相場全体が大きく下落したこともあり月全体の取引高は前月よりも更に伸びた形になっています。しかしながら相場の下落は相場参加者の脱落や様子見を意味し、下落以降の取引高は徐々に下降していくことが予想されます。参考までに4月1日から6月2日までのBinanceでの現物の取引高を以下に提示します。

このレポートはProプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Proプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

タグ