クリエイターエコノミー・ケーススタディ #1 Micah Johnson

目次

  • 前提
  • ケーススタディ #1|Micah Johnson氏のNFTクリエイターとしての歩みを振り返る
  • 【2020年2月〜4月|1/1エディションのNFTをSuperRare経由で販売開始】
  • 【2020年6月〜|Niftygateway経由で1/1NFT販売+限定部数:NFT販売を開始】
  • 【2020年11月14日:転換点となるコンセプチュアルアート「ˈSÄ-V(Ə-)RƏN-TĒ」を250ETH($117,278)で売却】
  • 【2021年2月18日~2021年12月、代表作Akuシリーズを展開開始、NFT IPとしては史上初となる主要テレビ映画開発契約を獲得、Visaとの提携発表】
  • 【2022年〜、AkuシリーズをPFP NFTとして再展開、バーチャルファッション、メタバース等のより商業的な領域へ】
  • 総括

前提

本シリーズ「クリエイターエコノミー・ケーススタディ」は、アート、音楽、ファッション、映画などの分野でWeb3技術を活用し、一定の成果をあげた起業家、クリエイター個人に焦点を当て、彼ら彼女らの過去の活動履歴を振り返りながら、スモールビジネスとしての戦略性、特徴を紐解き、Web3ベースの小規模ビジネスの展開を検討している個人に対するインサイトを提供すること目的にします。
今回の#1ではプロ野球引退後(元MLB選手)にNFTクリエイターに転身して「ˈSÄ-V(Ə-)RƏN-TĒ」「Aku」等の代表作で成功を収めたMicah Johnson氏(@Micah_Johnson3)の活動履歴を取り上げます。
※なお本シリーズ#1以前にNFTクリエイターPak氏の活動履歴を概説したレポートもございます。本シリーズと同一テーマですから、興味がある方はそちらも併せてご参考いただければと思います。
【クリエイターエコノミー・ケーススタディ関連レポート】

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

※免責事項:本レポートは、いかなる種類の法的または財政的な助言とみなされるものではありません。

タグ