search-icon
academy-icon

クリエイターエコノミー・ケーススタディ #2 xcopy【前編】

2023年02月06日
この記事を簡単にまとめると(AI要約)

目次

  • 前提
  • ケーススタディ #2|xcopy
  • Q1:xcopyの1/1NFTはいつから、何をきっかけに高い評価額で取引されるようになったのか?取引相場の転換期を調査し、その要因を探索する。
  • 総括

前提

本シリーズ「クリエイターエコノミー・ケーススタディ」は、アート、音楽、ファッション、映画などの分野でWeb3技術を活用し、一定の成果をあげた起業家、クリエイター個人に焦点を当て、彼ら彼女らの過去の活動履歴を振り返りながら、スモールビジネスとしての戦略性、特徴を紐解き、Web3ベースの小規模ビジネスの展開を検討している個人に対するインサイトを提供することを目的にします。
今回の#2ではクリプトアート界隈で「生きる伝説」と形容されることもあるロンドンを拠点に活動するクリプトアーティストxcopy氏の活動履歴を取り上げます。同氏がクリプトアーティストとして活動を始めたのは2018年ごろ。2018年に制作された代表的な作品の一つ「Right-click and Save As guy」の当時のドル建てでの取引価格はわずか$90、それからおよそ2年後の2021年12月には驚きのおよそ$7,000,000の評価を受けて二次流通しています。今回はxcopy氏の初期の活動履歴から執筆時点までの活動を追いながら、その転換期に影響したであろう要因を探索していきます。
※なお本レポート「#2 xcopy」は二本立てで構成しています。今回はその【前編】です。

【クリエイターエコノミー・ケーススタディ関連レポート】

ケーススタディ #2|xcopy

xcopy氏の簡単な略歴についてまずは概説します。
【略歴と執筆時点での市場での作品評価傾向】
SuperRareによるインタビュー記事によると、氏が暗号資産に出会ったのは2017年末ごろ、Bitcoinを購入したのがきっかけであったと語っています。ブロックチェーンベースのデジタルアート(コレクティブ)との出会いも同時期であり、Bitcoinベースの今は亡きAscribe.ioを用いて1作品数ドルで販売し始め、その後2018年初頭に現SuperRareにつながるサービスのベータ版で作品を展開し始めたとされています。
執筆時点の市場での作品評価傾向】
参照:https://dune.com/cat/xcopy
Ethereum上でデジタルアートの制作を始めた2018年当初から1/1デジタルアートNFTの制作と複数部限定のデジタルアートNFTの制作販売の両方を積極的に行っており、執筆時点でのNFT作成鋳造総数は1/1NFTのみですと計150、複数部数版を含めると計12,798です。
過去30日間のセカンダリーマーケットでの取引件数490件、過去30日間取引高は1,426ETH(約$2.3M)とNFT市場全体の取引数が減少した執筆時点でも個人クリエイターが作る月間の市場規模としては好調であるように窺えます。

参照:https://dune.com/cat/xcopy
では今度は過去1年間の取引高推移(上グラフ)を参考に過去30日間取引高(2022年末から2023年初頭)と過去1年間の取引傾向を観察し、幾つかのファクトを抽出してみましょう。

  1. 【過去30日間の取引傾向】 
    2022年末あたりから取引高が上昇し始め、2023年1月初頭にピークを迎えている。

  2. 【灰色(All Others Editions)が占める割合】
     2022年後半から2023年1月後半にかけての取引は灰色(All Others Editions)が多くを占めている。それ以前の週あたり取引高の多くをグレー部分が占めている週が多いことを確認できる。

  3. 【黒色(1/1NFT)が占める割合】
     2022年12月に黒色(1/1NFT)が大きく占める週がある。過去1年間を観察すると所々に一件当たりの取引単価の高い黒の取引があることが確認できる。なお2022年12月22日に取引された作品は「Utopia」、販売価格は325ETH($393.1k)。

  4. 【緑色(Max pain)とピンク色(Grifters)が占める割合】
     過去30日に目を向けると2022年12月12日の週、2023年1月2日の週の取引高が通常よりも緑色(Max pain)が占める割合が高い。過去一年に目を向けると、緑色(Max pain)が発売された2022年春頃に取引高が活発化していることが確認される。ピンク色(Grifters)は2022年初夏に取引高が活発化している週がある。緑色(Max pain)とピンク色(Grifters)を合わせるとグレー(All Others Editions)同様に毎週の取引高の一定割合を占めていることがわかる。
以上のファクトから得られる示唆
  • まず1.の事実から過去30日間の取引高1,426ETH(約$2.3M)は2022年8月以降の落ち着いていた取引高傾向よりは高い。ですから今後も安定して続く平均的な取引高(ロイヤルティフィーによる収益源)ではなさそうだと推断されます。しかしながら過去一年を振り返ってみても週の取引高が50ETH($80k)を下回る週は一度もありません。2.4.の事実からわかるように、比較的単価の低い複数部限定で販売したコレクション(グレー、緑、ピンク)が毎週の取引高の安定化(底上げ)に寄与していると考えられます。
  • xcopyの複数部限定で鋳造されたコレクションは全てを合わせておよそ13,000点、所謂ジェネレーティブNFTとして10,000鋳造が一般的であったPFP NFTプロジェクトに近い数のNFTを個人アーティストとして鋳造しています。なお、xcopyは多種多様なコレクションを制作してその全体像を成しているわけですからPFP NFTプロジェクトとはその内訳が全く異なります。その作品群の多様性がホルダーの多様化につながり、上述の収益安定化を支えている可能性があります。
  • 3.の事実からxcopyの1/1NFTは1作品$数M(高いものでおよそ$7M)で取引されていた2021年後半頃と比較すると一件あたりの取引価格は落ち着いてきてはいるものの、未だに高い市場価値を有していることがわかります。執筆時点でのxcopy1/1NFTは150作品ですから、同氏の全コレクションの鋳造数12,798のおよそ1.2%を占める程度であり、頻繁に取引されるようなコレクションではありませんが、一件あたりの評価額が高いため、年間で数件であったとしてもそれが年間取引高に占める割合は多いこと、加えて取引発生がある種のイベントとなり、更なる認知拡大につながっている可能性があります。
以上、ここ数ヶ月の取引傾向からも窺えるように、xcopyの作品群は未だに高い市場価値を保っていることがわかります。以下、本レポートの論点と調査する問いの一覧です。今回の【前編】ではQ1の問いを前提に進めていきます。

論点:「Xcopyの成功要因を探り、これからの個人クリエイターが参考にできるインサイトを抽出する」

Q1:xcopyの1/1NFTはいつから、何をきっかけに高い評価額で取引されるようになったのか?取引相場の転換期を調査し、その要因を探索する。【前編に記載】

Q2:取引高/週の安定化に寄与していると考えられる「Grifters」「Max pain」は収益安定化に寄与しているのか。xcopyコレクションを構成する作品の多様性、価格帯の幅広さが、ホルダーの多様化につながっているかを調査する。【後編に記載】

Q3:xcopyの成功要因を知り、それを実践すれば、新規の個人クリエイターがxcopy同様の成果を挙げられるかといえば、その成功確率は非常に低いと思われる。それを前提にした上で、なお今回のリサーチを通じて個人クリエイターが参考にできるものがあるとすれば何だろうか?【後編に記載】
このレポートは有料会員限定です。
HushHubリサーチの紹介 >
法人向けプラン >

※免責事項:本レポートは、いかなる種類の法的または財政的な助言とみなされるものではありません。