Music NFTの像 2022.0129|5.音源のDAO管理〜Holly+の事例〜

目次

  • 前提
  • トークン化による「制作過程の切り出しと交換」
  • DAO形態による管理
  • Holly+の概要
  • 総括

前提

今回の「Music NFTの像」シリーズ第5弾では、Music NFTがビジュアルNFTから引き継いだ特徴その4「DAO」に焦点を当て、Holly+を例にその傾向を解説します。
【ビジュアルNFTからMusic NFTが引き継いだ特徴】
  1. 希少性の表現
  2. ブラインドミント
  3. 供給量の調整
  4. DAO
【Music NFTの像シリーズ】
  1. Music NFTの像 2022.0107|1.Music NFTマーケットプレイスの模索〜Catalog・Sound.xyzの事例〜
  2. Music NFTの像 2022.0111|2.希少性と視覚表現の付与〜WVRPS・SoundMintの事例〜
  3. Music NFTの像 2022.0118|3.ブラインドミント〜Mudd DAOの事例〜
  4. Music NFTの像 2022.0120|4.市場供給量の調整〜EulerBeatsの事例〜
  5. Music NFTの像 2022.0122|5.音源のDAO管理〜Holly+の事例〜

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

タグ