Music NFTの像 2022.0120|4.市場供給量の調整〜EulerBeatsの事例〜

目次

  • 前提
  • EulerBeatsの概要
  • Genesis|第1弾プロダクト
  • Enigma|第2弾プロダクト
  • Futura|第3弾プロジェクト
  • 総括

前提

本レポートは「Music NFTの像」シリーズ第4弾です。今回はMusic NFTがビジュアルNFTから引き継いだ特徴その3「供給量の調整」に焦点を当て、EulerBeatsを例にその傾向を解説します。
なおEulerBeatsは「供給量の調整」以外の側面でも、独自性を感じられるMusic NFTの実験的な模索を行っているプロジェクトです。その部分的な説明だけでなく、同プロジェクトが展開するプロダクトである「Genesis」「Enigma」「Futura」と、その他周辺機能について筆者考察を交えて概説します。
【ビジュアルNFTからMusic NFTが引き継いだ特徴】
  1. 希少性の表現
  2. ブラインドミント
  3. 供給量の調整
  4. DAO
【Music NFTの像シリーズ】
  1. Music NFTの像 2022.0107|1.Music NFTマーケットプレイスの模索〜Catalog・Sound.xyzの事例〜
  2. Music NFTの像 2022.0111|2.希少性と視覚表現の付与〜WVRPS・SoundMintの事例〜
  3. Music NFTの像 2022.0118|3.ブラインドミント〜Mudd DAOの事例〜
  4. Music NFTの像 2022.0120|4.市場供給量の調整〜EulerBeatsの事例〜
  5. Music NFTの像 2022.0122|5.音源のDAO管理〜Holly+の事例〜

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

※免責事項:本レポートは、いかなる種類の法的または財政的な助言とみなされるものではありません。

タグ