Ethereum2.0・COSMOS・Polkadotの将来予想、 短期および長期の予想

目次

  • 前提
  • 短期予想・ 独自ブロックチェーンへの移行はある程度に留まる
  • 短期予想・PolkadotとCOSMOSの競争を考える
  • 中期予想・インターオペラビリティによる新しいアプリケーションの登場は時間が必要
  • 長期予想・長期的な視点で到達するアーキテクチャ
  • 総論

前提

本レポートでは、Ethereum2.0・COSMOS・Polkadotの将来予想を行います。
これらは今後拡大するだろうと期待されるパブリックブロックチェーンのネットワークです。一方でそれぞれ部分的に似ている点や、競合している点があります。
PolkadotとCOSMOSは、それぞれSubstrateとCOSMOS SDKで構築された独自ブロックチェーンを相互接続するという観点で似たアイデアがありますし、Ethereum2.0はBeacon Chainを親として複数のシャードブロックチェーンを接続するネットワークです。Ethereum2.0は独自ブロックチェーンのネットワークではないですが、現在研究開発されているExecution Environmentが実現すると、各シャードが独自ブロックチェーンに近い性質を持つことになります。
これらについては過去に以下のようなレポートを配信しました。(Polkadotに関しては外部記事です。)
*レポート:異なるブロックチェーンを相互通信するcosmosの仕組みを理解する(2019年8月改訂版)
https://hashhub-research.com/articles/2019-08-22-cosmos-overview
*レポート:アプリケーションブロックチェーン vs Ethereumなど、既存ブロックチェーン上のDApps開発
https://hashhub-research.com/articles/2019-08-22-own-blockchain-vs-ethereum
*レポート:Ethereum2.0 コンプリートガイド(2019年7月版)EthereumのPoSへの移行はどのように行われるか
https://hashhub-research.com/articles/2019-08-01-ethereum2-overview
*参考レポート:【Polkadot for dummies】初心者のためのPolkadot
*レポート:ブロックチェーンを相互接続するプロジェクトであるCOSMOSとPolkadotのそれぞれ違い。及びその考察。
https://hashhub-research.com/articles/2019-06-06-cosmos-vs-polkadot
*レポート:Ethereum2.0とPolkadotのアーキテクチャの比較、両プロジェクトは競合なのか
https://hashhub-research.com/articles/2020-01-24-eth2-and-polkadot
今回のレポートでは、上記のレポートを前提にして、Ethereum2.0・COSMOS・Polkadotがそれぞれどのように競合するか、どのように利用されるかを筆者の予想を行います。
このテーマについては既に多くのレポートを配信していますが、これらはパブリックブロックチェーンの領域では、現在最も重要かつ注目されるテーマでもあり、重点的に扱っています。
本レポートはあくまで予想を考察するものであり、内容は筆者による独自の論考であることをご留意の上、お読み下さい。

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。