ブロックチェーンを相互接続するプロジェクトであるCOSMOSとPolkadotのそれぞれ違い。及びその考察

目次

  • 前提・酷似するCOSMOSとPolkadotの設計デザイン
  • それぞれのブロックチェーンを繋ぐアーキテクチャ・セキュリティモデル違い
  • COSMOS HUBとRelayChainのガバナンスの違い
  • 開発者ツールのCOSMOS SDKとSubstrate、コンセンサスアルゴリズムの違い
  • それぞれのインターオペラビリティの方式
  • 総論

前提・酷似するCOSMOSとPolkadotの設計デザイン

本レポートは、インターオペラビリティ(ブロックチェーンの相互互換)を実現するブロクチェーンとして注目されているCOSMOSとPolkadotの2つのプロジェクトについて、その相違点を網羅し考察することを目的とします。
COSMOSとPolkadotは、開発者がアプリケーション固有のブロックチェーンを設計でき、作られたそれらのブロックチェーンは相互に接続できる特徴を持ちます。
また、これらによって作られたブロックチェーンは、将来的にはBitcoinやEthereumといった既存のブロックチェーンとも通信が出来るようになると期待されています。
2019年6月現在で、COSMOSはCOSMOS HUBとSDKのみがリリースをしていて、Polkadotはテストネットでリリースしており今年後半にリリースをされる予定です。
いずれも、最も注目されているインターオペラビリティの部分については、まだリリースがされていないことが現状です。
両プロジェクトが目指すことや、設計デザインは非常に似ています。
COSMOSはHubとZoneという関係でブロックチェーンが接続され、PolkadotではParachainとRelay Chainという関係でブロックチェーンが接続されます。
COSMOSではCOSMOS SDKというツールで開発者がブロックチェーンを作れますが、Polkadotではその機能をSubstrateが担います。
いずれのプロジェクトも実績のある開発者が関わっており、潤沢な資金調達をしていることから、両方が注目されています。
本レポートで扱うCOSMOSとPolkadotの両社の相違点を知ることは、今後の動向予想や開発する際の技術選定、投資判断に役立つはずです。
Polkadotについては、下記のブログが日本語の文章で丁寧に解説されています。
*参考:【Polkadot for dummies】初心者のためのPolkadot

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。