CurveのステーブルコインcrvUSD 独自アルゴリズムで展開を試みるステーブルコインの概要

目次

  • 前提
  • CurveのステーブルコインcrvUSD
  • 今後の展望と考察
  • 総括

前提

本レポートでは、Curveがホワイトペーパーを公開したステーブルコインであるcrvUSDの概要とその仕組みの一つであるLLAMMA(Lending-Liquidating AMM Algorithm)について解説します。
Curveは、DeFiプロトコル郡のなかでもステーブルスワップとしてその地位を確立し、veTokenの発明、他のプロトコルが流動性入手を目的とした競争(Curve War)が起こるなど、これまで様々な点で動向が注目されてきたプロジェクトです。
Curveに関連するレポートは過去に複数提供しています。前提知識として以下のレポートを推奨します。
関連レポートリンク:
crvUSDは現時点でGithub上にホワイトペーパーが公開された段階であり、執筆時点ではローンチされていません。さらに詳細が公開された段階で追記等の対応を行う可能性があります。

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

※免責事項:本レポートは、いかなる種類の法的または財政的な助言とみなされるものではありません。