カンボジア中銀デジタル通貨Bakong その導入背景を探る

目次

  • 前提
  • カンボジア中央銀行(NBC)既存決済システムの再評価とその社会背景
  • Bakongプロジェクト概要
  • 総論

前提

本レポートは、カンボジア中央銀行(以下NBC)によるデジタル通貨(CBDC)プロジェクトBakongを概説します。
本レポートではBakongの簡単な説明と部分的にアーキテクチャについては触れますが、主にDLT(分散型台帳技術)ベースのCBDC採用に至る条件であるカンボジアの社会背景、既存決済インフラ、民間決済サービスの現状と課題に焦点を当てています。カンボジアでなぜCBDC導入が採用されたのかを理解し、それらを他国のCBDC案と比較、または考える材料とすることを目的とします。
CBDCについては過去にいくつかのレポートを配信しておりますので、そちらをご参照ください。
【関連レポート】
中国CBDCはリテール向きで既存インフラに乗じる形で流通か
https://hashhub-research.com/articles/2019-12-05-china-cbdc-analysis

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。