中国CBDCはリテール向きで既存インフラに乗じる形で流通か

目次

  • 前提
  • 中国のCBDCはリテール向けで、現金流通の置き換えが目的か
  • 予想される影響
  • 総論

前提

以前よりd10n Labでもウォッチしている中国の中央銀行デジタル通貨(以下CBDC)について続報があったので簡単にまとめておきます。

要点

  • 発言元は周小川(Zhōu Xiǎochuān)で、2002年12月から2018年3月まで中国の人民銀行行長を務めた人物
  • 中国のCBDCは電子決済と小売をターゲットにしている
  • 周氏はBitcoinには批判的であり、ドルに代わる基軸通貨としてSDGを支持
中国のCBDCに関しては既に以下のレポートで解説しています。
*レポート:習近平国家主席のブロックチェーン重視により中国人はパブリックチェーンとプライベートチェーン両方で覇権を取るか
https://hashhub-research.com/articles/2019-10-31-china-blockchain
*レポート:2019年中国の規制状況を分野別に概観する
https://hashhub-research.com/articles/2019-10-31-china-regulation
*レポート:中央銀行のデジタル通貨とFacebookのLibraは何が異なるか
https://hashhub-research.com/articles/2019-11-21-diffrence-cbdc-and-libra

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。