Libraブロックチェーンに付随するLibra Investment Tokenを投資対象として考察する

目次

  • 前提
  • Libra Investment TokenとMKRトークンモデルに違いの整理
  • Libra Investment Tokenの保有者のインセンティブ
  • Libra Investment Tokenの利回りを検討する
  • ノード運営参加者の視線。a16zやUnion Square Venturesなど
  • 総論

前提

本レポートでは、Libraブロックチェーンに付随するLibra Investment Tokenを投資対象として考察をします。
Libraに関しての前提として下記のレポートを既に配信しています。
*レポート:Facebookがイニシアチブを取る独自通貨およびブロックチェーンであるLibraの基本的要件の概観
https://hashhub-research.com/articles/2019-06-27-libra-overview
*レポート:Libraに関する技術的観点で知っておくべきポイント。データ構造・コンセンサスアルゴリズム・パーミションレス化など
https://hashhub-research.com/articles/2019-06-27-libra-overview-points
*レポート:グローバル企業vs国家という観点でFacebookがイニシアチブをとる暗号通貨Libraを考察する
https://hashhub-research.com/articles/2019-06-27-global-company-vs-state
同トークンモデルについては上記のレポート中で触れているように、ノード運用者はミニマムで$10Mの出資と引き換えにLibra Investment Tokenを受け取ります。
Libra Investment Tokenの保有者は、Libra Reserveの運用利回りを得ることが出来ます。
利回りで得た資金を元にLibra Associationが運営され、その残余資金でLibra Investment Tokenの所有者への支払いが行われるとという順序です。
本レポートでは、Libra Investment Tokenのトークンモデル、投資対象としての同トークンを考えます。
なお、Libraは将来パーミションレスに移行をする予定であるとされており、その時にLibra Investment Tokenのトークンモデルも変容することが予想されますが、それについては一切考慮されていません。

このレポートは会員登録ユーザー限定のレポートです。

ユーザー登録すると無料で続きをお読みいただけます。

既に会員の方はログインへお進みください。

タグ