日本のIPをWeb3ゲームで活かす方法|NFTを複数のゲームで活用する事例、Sparkadiaからアイデアを探る

目次

  • 前提
  • Sparkadiaの概要
  • 日本のIPとゲームスタジオモデル
  • 総括

前提

本レポートではブロックチェーン・ゲームハブのSparkadiaを概説し、このモデルに日本のIPを当てはめて発展性を考察します。
Sparkadiaはゲームハブで、開発元のWorldspark Studiosが構築するエコシステム全体を指します。同スタジオは他にゲームを開発し、Sparkadia内で共有できるアバターを作成します。スタジオ内のゲームに限られますが単一のNFTを複数のゲームで利用可能になります。
このアイデアでコンポーサビリティが限られてしまいがちなゲームプロダクトに発展の余地が生まれます。核となるアバターが魅力的であるほど成功するモデルであり、日本のIPに向いている可能性があります。
関連レポート:既存キャラクターIP×NFTの可能性
https://hashhub-research.com/articles/2023-01-05-potential-of-existing-character-ip
関連レポート:トークンエコノミクスの現況と展望
https://hashhub-research.com/articles/2023-01-10-latest-trends-in-tokenomics-in-defi-and-gamefi

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

※免責事項:本レポートは、いかなる種類の法的または財政的な助言とみなされるものではありません。

タグ