ICP NFTの概要 -「なぜ、ICP NFTが盛り上がっているのか?」を深掘りする-

目次

  • 前提
  • 1.ICP NFTの歴史 -BTC Flowerを中心に解説- 
  • 2.ICP NFTの差別化要因
  • 3.ICP NFTのマーケットプレイスの概観
  • 総論

前提

本レポートでは、「なぜ、ICP NFTが盛り上がっているのか?」という問いをテーマに、深掘りを行っていきます。想定する読者層は、「ICPに興味を持っているが、その内情をあまり知らないクリプト関係者」をメインターゲットに設定して執筆しています。
現在は、FTX事件等の影響で相場低迷期にありますが、そのような状況においても、ICP界隈では、独自の盛り上がりが観測されています。後述しますが、ICPは、まだDeFiシステムが未発達であり、その代わりにNFTの取引(エアドロ等含む)が活発に行われています。これは数字にも表れており、2021年7月末から現在までの1年強で、300近くのcollectionが登場し、レポート執筆時点において、1.8m ICP(ドル換算:$34m)のTotal Trading Volumeにまで成長しています。
「狭いコミュニティに良く見られるような絆による、短期的な爆発力」と言えばそれまでなのかもしれませんが、他のチェーンと比べて、ICPを取り巻く環境には、いくつかの特徴が見られるので、本レポートでは、そこのところを深掘りしていきます。
尚、ICP NFTについては、下記レポートも合わせてご覧いただければと思います。

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

※免責事項:本レポートは、いかなる種類の法的または財政的な助言とみなされるものではありません。