2021年暗号資産とブロックチェーンの10のトレンド予測

目次

  • 1.暗号資産マーケット
  • 2.DeFiはさらに成長する
  • 3.Ethereumはレイヤー2が普及フェーズに
  • 4.ブロックチェーンプロジェクトのEVM互換戦略が進む 
  • 5.アプリのインフラ化が進む
  • 6.ステーブルコインが基軸通貨に
  • 7.国内企業プロジェクトの商用フェーズ増加 
  • 8.企業のパブリックブロックチェーンへの関心が高まる
  • 9.CBDCのパブリックテストが加速
  • 10.ID等ブロックチェーンを使った検証ネットワーク
  • 総論 

2021年最初のリサーチレポートはHashHub Researchでレポートを執筆しているリサーチャー3名によるトレンド予測です。BitcoinとEthereumのマーケット動向と今後の展望、DeFiのTVLやDefiトークンの時価総額を比較しながらの考察、レイヤー2やスマートコントラクトプラットフォームのEVM互換戦略、エンタープライズ領域におけるこれからの注目領域、CBDCの動向など、2020年に起こったトピックを俯瞰しつつ次のトレンドを考察します。
【お正月キャンペーン】このレポートは今年もより多くの人に暗号資産やブロックチェーンに興味を持っていただきたいという想いから通常の個人会員・法人会員ではない、期間限定で無料会員の方でも読んでいただけるようにご案内しています。会員ではない方がレポートをお読みいただくにはこちらから登録してください。Free会員の場合は1月3日の正午まで登録いただければ期日以降に登録されているメールアドレス宛にレポートを配信いたします。このレポート全体のボリュームは約2万文字(約24ページ)です。
【Disclaimer】この記事にはマーケットに関するものも含まれますが、HashHub Researchで配信されるすべてのレポートは、投資を助言または推奨するものではなく、情報提供と教育のみを目的としています。私たちのサービスを利用したことによる利用者の不利益や投資の損失については一切の責任を負えないことをご了承ください。お客様が本レポートで参照される暗号資産または関連するアセットに関して投資判断を行う場合は、事前にご自身でリサーチおよびデューデリジェンスを実施していただく必要がある点もご理解ください。

このレポートは会員登録ユーザー限定のレポートです。

ユーザー登録すると無料で続きをお読みいただけます。