Velocity Networkの概要|労働市場における検証可能データシェアリングエコノミー

目次

  • 前提
  • Velocity Network概要
  • 総論

前提

本レポートでは労働市場における検証可能データシェアリングエコノミー構築を目指すVelocity Networkを概観します。
同プロジェクトはVelocity Career Labsが主導して設立した非営利組織Velocity Foundationが運営管理するブロックチェーンプロジェクトです。VC(Verifiable Credential)として表されるキャリアデータを個人、組織、教育機関からなるグローバルネットワーク内で効率的に共有可能にすることを目指しています。許可制のコンソーシアム型ネットワークですが、ネットワーク内の決済に用いられる独自のユーティリティトークンの実装を予定している点が特徴的です。
執筆時点(2021年6月7日)ではNon-technical Whitepaperと公式サイト、ブログを中心に情報提供されていますが、詳細情報が不足しているため本レポートでは同プロジェクトの将来的なビジョンと公式からの公開情報を元にわかる範囲でプロジェクトの取り組みを紹介します。

Velocity Network概要

基本情報

プロジェクト名:Velocity Network
運営主体:Velocity Foundation(Velocity Career Labs,Inc.主導で創設した非営利組織)
運営者所在地:US Denver
主な推進者:Velocity Career Labs,Inc.(2018年設立)
ブロックチェーン:許可性のコンソーシアム型ブロックチェーン
トークンの有無:あり
公式サイト:https://www.velocitynetwork.foundation/
ホワイトペーパー(Non-Technical):https://www.velocitynetwork.foundation/wp-content/uploads/2020/09/Velocity-Non-Technical-Whitepaper-123120-V1.17.pdf
Twitter:https://twitter.com/VelocityFdn
Linkedin:https://www.linkedin.com/company/velocity-network-foundation/about/

プロジェクト概要

Velocity Networkは個人のキャリアデータをVerifiable Credential(以下VC)として扱い、独自ブロックチェーン上で個人、企業、教育機関を含む様々な主体と検証可能なデータを共有するためのネットワーク構築を目指すプロジェクトです。ひとことで表すと「労働市場における検証可能データシェアリングエコノミー」の構築を進めるプロジェクトです。同プロジェクトはSSI(自己主権型アイデンティティ)の概念に基づく個人が自己管理するキャリアデータからなるこのような労働市場ネットワークをInternet of Careersと呼んでいます。
同プロジェクトの管理者は非営利団体であるVelocity Foundationです。分散型ネットワークの継続的なルールブック構築、プロトコル開発、アプリケーション、関連サービスの研究開発のサポート、オープンソース開発者コミュニティの育成を行います。Velocity FoundationはVelocity Career LabsのAndres Olave氏、Dror Gurevich氏、Etan Bernstein氏、Victoria llukhina氏を役員に迎え、ボードメンバーにはSAPOraclerandstadを含むHRやEd-Tech、多国籍企業、雇用者、教育機関のような同市場における利害関係者13人(執筆時点)で構成されています。
出典:https://www.velocitynetwork.foundation/team/

このレポートはProプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Proプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

タグ