FTXのトークン化された株式の取引の仕組み・メリット・法的立て付け

目次

  • 前提
  • トークン化された株式の取引の仕組みとメリット・法的立て付け
  • 先物取引の仕組み
  • 取引状況や今後の展開
  • 総論

前提

FTXは2020年10月にTokenized Stocks(トークン化された株式の取引)を開始しました。TeslaやApple、Amazon、Facebook、アメリカ以外の株式ではAlibabaやNio等の中国株を揃え、世界での高い需要が見込まれる株式を数十程度上場させています。(2020年12月時点)それぞれのトークン化された株式は現物市場と先物市場が用意されています。
FTXは2019年に創業した比較的新しい暗号資産取引所ですが、直近1年で存在感を大きく高めた事業者です。同社については過去に以下のようなレポートで取り扱っています。
関連レポート:暗号通貨デリバティブ取引のプラットフォームFTXの概要・独自トークンについての解説
https://hashhub-research.com/articles/2019-09-05-ftx-overview
関連レポート:FTXの商品設計から見る取引所ビジネス動向
https://hashhub-research.com/articles/2019-10-10-ftx-business-model
関連レポート:世界の暗号資産取引所ビジネスの定点観測レポート【20年12月版】
https://hashhub-research.com/articles/2020-12-09-crypto-asset-exchange-report
同社のトークン化された株式の取引では、アメリカ株や中国のメジャー株をトークン化して取り扱います。暗号資産取引所が大々的に株式をトークン化して取引機会を提供する事例としては、オフショア・オンショア問わず初めての事例となります。
参照:https://ftx.com/markets/stocks
本レポートでは、同社のトークン化された株式の取引の仕組み・メリット・法的立て付けについて解説します。

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。