韓国のブロックチェーンベースのID(DID)概況 ブロックチェーンベースのIDはどのように普及するか

目次

  • 前提
  • ブロックチェーンを推進する韓国
  • 韓国のブロックチェーンベースのID(DID)概況
  • 考察・ブロックチェーンベースのIDはどのように普及するか
  • 総論

前提

本レポートでは、韓国のブロックチェーンベースのID(DID)の概況を取り扱います。
ブロックチェーンがアイデンティティ・IDの管理に向いている技術であることは多くの人が知るとおりです。ブロックチェーンベースでIDを構築する際に標準となる規格をW3Cは提唱しており、DID(DECENTRALIZED IDENTIFICATION)と呼ばれています。ブロックチェーンベースのIDの特徴は、以下のようなものが挙げられます。
  • DIDの保有者は、開示しても良い情報、および開示提供したくない情報の種別、そしてその開示先を管理・制御できるようにする。
  • 単一のDIDで複数企業のサービスを利用できる。
  • これらを電子署名と暗号、DLTを用いて実現する。
より詳しくは過去に下記レポートで解説しました。
*レポート:DID(DECENTRALIZED IDENTIFICATION)の概要 その背景や標準化などについて
https://hashhub-research.com/articles/2019-09-05-did-overview
今回のレポートでは、韓国でのDIDの概況を取り上げますが、同国はこのブロックチェーンベースのIDシステムが、2020年上半期の時点で最も進んでいる国の一つであると言えます。本レポートでは、同国の状況を網羅的に扱います。

このレポートはBasicプラン、法人会員限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録するか、法人契約を行うことで続きをお読みいただけます。

タグ