多くの企業が将来はパブリックブロックチェーンを使用すると考えるEYの論考

目次

  • 前提
  • 75%の企業が将来的にパブリックブロックチェーンを使用することに意欲を示す
  • 多くの企業が将来パブリックブロックチェーンを使用すると考えるEYの論考
  • EYがパブリックブロックチェーンで商用アプリケーションを作るために取り組む秘匿化技術
  • 総論

前提

企業がブロックチェーンを利用する際に、その多くのケースではコンソーシアムブロックチェーン・プライベートブロックチェーンを利用しています。パブリックブロックチェーンを利用する事例はないわけではないですが、相対的に事例数は少ないです。企業によるパブリックブロックチェーンの利用の一例としては以下のようなレポートを下記に配信しています。
*レポート:サンタンデール銀行によるEthereumパブリックブロックチェーン上で発行された債券トークンの事例概観
https://hashhub-research.com/articles/2019-10-10-santander-sto
*レポート:企業によるパブリックブロックチェーンの利用、またはコンソーシアムチェーンと互換をすることに向けた業界動向
https://hashhub-research.com/articles/2019-09-12-public-blockchain-usecase-by-enterprise
会計・ITコンサルティングファームであるEYも、パブリックブロックチェーン上でブロックチェーンのアプリケーションを開発する企業の一つです。
*レポート:EYが取り組むブロックチェーン領域、エンタープライズ向けの業務効率化としてのブロックチェーンについて
https://hashhub-research.com/articles/2019-06-13-ey-blockchain
EYは、多くの企業が将来パブリックブロックチェーンを使用すると考えており、それはどういった理由からであるかを本レポートで概観します。

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。