【前編】レイヤー2アダプションの動向 Arbitrum/Optimism

目次

  • 前提
  • 導入知識
  • ArbitrumとOptimismの現状比較
  • 総括

前提

本レポートでは、Ethereumのレイヤー2(L2)ソリューションであるArbitrumとOptimismの現状を理解するために、執筆時点での発展状況を整理し、今後の展開を考察します。本レポートは前編、後編の2本に分けて公開します。

後編はこちらから御覧ください。
執筆時点でArbitrum(Arbitrum One)とOptimismは、L2のTVL(Total Value Locked)の8割以上を占めておりL2を代表する存在となっています。Ethereumのロードマップは、Rollupを活用することを前提に構築されているため、今後この2つのプロトコルがより一層大きな存在感を見せることが予測されます。
(https://defillama.com/chains/Rollup)
そこで、本レポートの前編では、これら2つのプロトコルの概要や仕組みをあらためて解説するとともに、比較によって分かる違いを整理します。後編では、さらにプロトコルのアップグレードを含めた近況、代表的なアプリケーションの紹介や懸念事項やリスクに焦点をあて、今後どのような展開が予想できるのかを筆者の観点から考察します。
なお、HashHub ResearchではL2を扱ったレポートを複数公開していますので、前提としてお読みいただくことでより理解が深まるため推奨いたします。
関連レポート

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

※免責事項:本レポートは、いかなる種類の法的または財政的な助言とみなされるものではありません。

タグ