【後編】レイヤー2アダプションの動向 Arbitrum/Optimism

目次

  • 前提
  • 各プロトコルの状況
  • 懸念事項とリスク
  • 今後の展開に関する考察
  • 総括

前提

本レポートでは、Ethereumのレイヤー2(L2)ソリューションであるArbitrumとOptimismの現状を理解するために、執筆時点での発展状況を整理し、今後の展開を考察します。本レポートは前編、後編の2本に分けて公開しています。

前編はこちらから御覧ください。

後編では、さらにプロトコルのアップグレードを含めた近況、代表的なアプリケーションの紹介や懸念事項やリスクに焦点をあて、今後どのような展開が予想できるのかを筆者の観点から考察します。

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

※免責事項:本レポートは、いかなる種類の法的または財政的な助言とみなされるものではありません。

タグ