Ethereum The Merge後の大きなアップグレード”Shanghai”を複数シナリオで考察する

目次

  • 前提
  • Shanghaiの概要
  • ETHのステーキングの現状
  • ETHへの売り圧を中心に複数のシナリオを考察する
  • 総括

前提

本レポートでは、EthereumのアップグレードであるShanghaiの概要を解説し、その影響を複数シナリオの観点から考察します。
2022年12月8日に行われたEthereumのAll Core Developers(ACD)Callというカンファレンスにおいて、ShanghaiのアップグレードやEthereumの重要な核でありスマートコントラクトの実行環境であるEVMの更新改善であるEOF(EVM Object Format)を含めた一連のEIP(Ethereum Improvement Proposal)が暫定的な目標として2023年3月に設定することで合意されました。
以下に列挙するのがShanghaiと同時期にリリースされる予定のEIPです。
Shanghai(EIP4895)の特徴は、BeaconチェーンにステーキングされたETHをバリデータが引き出しできるようにするという変更です。今年9月に行われたMergeによってEthereumはPoS(Proof of Stake)へとコンセンサス方式を移行し、バリデータとして参加するためにETHをステーキングできるようになりました。
ETHをステーキング(チェーンにロック)することにより、現物ETHを扱えないことによる収益機会の減少対策として、現在ではリキッドステーキングを利用することで運用を効率的にすることができるプロトコルがユーザーに利用されています。
関連レポート:
今回は、ステーキングされていたETHが引き出されるようになることで想定される事象を複数シナリオから検討することで、読者に本件における複眼的な観点での示唆を提供することを目的にします。

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

※免責事項:本レポートは、いかなる種類の法的または財政的な助言とみなされるものではありません。