NFT(Non-Fungible-Token)の動向 22年7月

目次

  • 前提
  • NFT販売の傾向
  • NFT系最大級のリアルイベント NFT NYC
  • EIP-2981/ ERC-4907について
  • 国内動向
  • まとめ
  • 付録: ニュースリスト

前提

このレポートではNFTの動向を数値から定点観測を行い、大きな節目となると思われる事象に関してはもう一歩深めた考察を提供していく形で作成をしています。NFTのニュースを全て把握することは目的とはしていません。

NFT販売の傾向

NFTアートの販売量
参照: https://cryptoart.io/data
肌感覚と同様に低調な状態が続いていることが数字でも出てきています。ここ最近は目立つ作品の発表もあまりなく静観しているような状態でしょうか。ボリュームはブーム前の水準となってしまっています。
OpenSeaのセールスボリューム
参照: https://dune.xyz/rchen8/opensea
Art系のNFTマーケットプレースに比較すればまだまだ2021年2月の数倍のボリュームがあり、健闘しているといえるでしょう。6月、7月のボリュームは大まかには変動はなく、底堅い印象も受けます。草の根のNFTコレクションなどの発表は途絶えることもなく、そういった形で支えられている姿が数字となって現れています。

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

※免責事項:本レポートは、いかなる種類の法的または財政的な助言とみなされるものではありません。

タグ