NFTレンタル市場の萌芽を概観する|reNFT編

目次

  • 前編
  • reNFT|NFTレンタルプロトコルの概要
  • Tokenomics|$RENT
  • 総括

前編

本レポートではNFTレンタル市場の萌芽に着目し、その仕組みや動向理解を目的にreNFT及びRentableを概説します。
NFTレンタル市場とはその名の通り、NFTの貸し借りをする市場です。昨今のNFTブームを牽引したPFP NFTやアート/コレクタブルNFTは主に投機商品として注目されたものと言え、この市場での主要プレイヤーはキャピタルゲインを期待したユーザーであったと考えられます。一方で今回紹介するNFTレンタル市場は、NFT貸付によるインカムゲインを期待するプレイヤーとNFTを何かしらの理由で借りるユーザーを中心にした市場であり、従来のNFT市場とはまた様相が異なります。
類似するNFTのフラクショナルオーナーシップを実現するソリューションも、インカムゲインを期待できるものではありますが、これはFT化したトークンをAMM DEXへ流動性提供することで発生するインカムゲインの取得が主です。一方のNFTレンタル市場は「1/1NFT」の貸借料がインカムゲインの主である点で異なります。
では、誰が何を目的に1/1NFTを借りるのでしょうか。おそらく執筆時点での社会ニーズは未だ小さく、その殆どが潜在的なニーズとしてぼんやりと認識されている程度ではないかと筆者は感じています。以下例として今後想定されるNFT賃貸シーンをいくつか列挙します。

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

タグ