Acalaの概要 Polkadotのエコシステムで稼働するDeFiハブ

目次

  • 前提
  • Acalaの概要
  • Acalaトークン(ACA)の概要
  • 総論

前提

本レポートではAcala Networkの概要について解説します。
Acala NetworkはPolkadotのエコシステムで稼働するDeFiハブをコンセプトにしたEthereum互換のスマートコントラクトプラットフォームです。Polkadotは複数のブロックチェーンを相互接続するネットワークです。Relaychainという中心的なネットワークが核になり、各々が独自に機能するParachainがそれに接続して、相互運用性を持つというコンセプトです。
https://wiki.polkadot.network/docs/en/getting-started
Polkadotについて基本的な解説は下記のレポートなどを参照ください。
Polkadotのエコシステムで稼働するEVM互換のスマートコントラクトプラットフォームは他にもAstar NetworkやMoonbeamが存在しますが、Acala Networkはその中でも特にDeFiに特化している点が特徴です。
Polkadotには姉妹ネットワークであるKusama Networkが存在しており、同様にAcala Networkにも姉妹ネットワークとしてKarura Networkが存在します。Acala NetworkとKarura Networkは、ほとんど同様のコードベース・スペックで機能しますが、本レポートでは前者を主要なネットワークとして取り扱うこととします。
今回はAcala Networkの概要やネイティブトークンのACAトークン、DeFi特化の独自の機能などを解説します。

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

タグ