Aave v3の概要 最も使われているDeFiレンディングプロトコルの最新バージョン

目次

  • 前提
  • Aave v3の概要
  • 総論

前提

本レポートでは、Aave v3の概要について解説します。AaveはDeFiのレンディングプロトコルとして首位のプロジェクトで、その存在感は非常に大きなものとなっています。
もともとETHLENDというアプリケーションを開発していたチームが2019年にピボットをしてAave v1をリリース、2020年には固定金利機能やクレジットデリゲーションを備えたAave v2をリリースしました。
2021年には対応ネットワークがそれまでEthereumだけだったものの、Polygon、Avalanchに拡大しています。TVLは全DeFiプロジェクトの中で3位に位置しています。

https://defillama.com/
Aaveはv1がリリースされた時点ではその設計はCompoundと類似したものでしたが、その後、様々な付加機能を加えながら現在ではCompound以上に使われているレンディングマーケットへと成長しています。
2021年10月に発表されたAave v3も大きく機能が進化しています。今回のレポートではAave v3の概要について解説します。

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

タグ