Aaveの概要 老舗チームによる新興レンディングプラットフォーム

目次

  • 前提
  • Aaveの概要
  • レンディングプラットフォームが増える意味
  • 総論

前提

本レポートではレンディングプラットフォームAavehttps://aave.com/)について解説します。
AaveはもともとETHLendという名前でICO(調達額約17億円)を行い、こちらもレンディングを軸にプロダクトを開発していました。公式には、ETHLendとAaveは別のプロダクトとして扱われていますが、同様の技術を利用していると考えられます。Aaveの公式ローンチは今年の1月です。
ETHLendは2017年の11月にICOを実施していて、当時はアルトコインの空売り環境が整っていたなかったので、特にERC20トークンのレンディングと空売りを可能にするETHLendはICOからの値上がりだけでなく、プロダクト自体もそれなりの注目を集めていました。
故にLoanscan(https://loanscan.io/)に掲載され始めたのは最近で、DeFi Pulse(https://defipulse.com/)には載ってすらいませんが、長らくレンディングプラットフォームに取り組んできたチームです。一通り使ってみましたがUI/UXは良いです。

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。