dAMMの概要 レイヤー2のAMMに提供する流動性を統合するレイヤー1のコントラクトデザイン

目次

  • 前提
  • レイヤー2の取引流動性の課題
  • レイヤー2のAMMに提供する流動性を統合するdAMMのデザイン
  • 懸念される課題
  • 総論

前提

本レポートではdAMMの概要について解説します。
dAMM (distributed AMM)はレイヤー2のAMMに提供する流動性を統合するレイヤー1のコントラクトデザインです。StarkWareとLoopringが共同で研究開発しているプロジェクトです。両プロジェクトはゼロ知識式証明の技術であるzk-STARKを基盤にした分散型取引所を開発しています。
dAMMは2021年7月にブログが発表されたのみでまだプロダクトは存在しなく、現在は設計デザイン案に留まります。しかしながら後述する通りレイヤー2での取引流動性の分散は今後、継続的な課題になる可能性が高くその解決に向けたアプローチとして有効なアイデアになる可能性があり注目されています。

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

タグ