ゼロ知識証明(ZKPs)はブロックチェーンのどのような課題を解決するか、その活用用途

目次

  • 前提
  • ゼロ知識証明をプライバシーで利用する
  • ゼロ知識証明をスケーラビリティで利用する
  • ゼロ知識証明をインターオペラビリティで利用する
  • ゼロ知識証明を検証/証明で利用する
  • 総論

前提

ゼロ知識証明(ZKPs)はブロックチェーンの様々な課題を解決すると期待されています。
ブロックチェーン業界においてゼロ知識証明の応用は、zk-SNARKおよびzk-STARKの2つが知られ、これらについては下記のレポートで解説をしました。
*レポート:ゼロ知識証明(ZKPs)、およびzk-SNARKとzk-STARKの概要
https://hashhub-research.com/articles/2020-01-16-about-zkps
本レポートでは上記を前提としながら、ゼロ知識証明(ZKPs)はブロックチェーンのどのような課題を解決するか、実際のプロジェクトを紹介しながらその活用用途を整理することを目的としています。
ゼロ知識証明はプライバシー確保に適した技術であると認識されることが多いですが、実際にはその用途はより広範なものが期待され、様々な研究開発が行われています。

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。