Archer DAO(現Eden Network) MEVを民主化するプロジェクト

前提

本レポートではArcher DAO(現Eden Network)およびDAOが提供するサービスの概要について解説します。
イーサリアムネットワーク上にDeFiエコシステムが発展するにつれて、オンチェーン上ではより多くのアービトラージの機会が発生しています。
このようなアービトラージ機会により、マイナーにとってはプロトコルによる純粋な収益機会(マイニング報酬)よりもMEV(Miner Extractable Value)収益機会の方が大きくなっており、本来のプロトコルにて意図された未承認トランザクションをブロックに取り込むインセンティブメカニズムが機能しないことを意味しています。
これはMEVの台頭はイーサリアムネットワークのセキュリティを揺るがしており、ネットワークの危機だという指摘もコミュニティのなかにはあります。
また、ネットワークにおいて大きなハッシュパワーを有するマイナーはMEVによる追加的な報酬を得ることができるメリットはあるものの、個人で数台のGPUでマイニングをしているような弱小マイナーにとってはMEVによる追加的報酬を得る機会がないことはマイナー間においても不公平な状況を作り出しています。
よって、MEVの問題はネットワークのセキュリティを脆弱とするのみならず、AMMを用いてトレードをしている一般的なユーザーにとってはフロントランニングによって期待したレートでの資産の交換ができなくなりDeFiエコシステムの発展を阻害し、一部マイナーの寡占化を促進するという問題を引き起こしかねません。
しかしながら、そのような問題を抱えているにもかかわらず、MEVはアービトラージャーとマイニングパワーを有するマイナーがオフチェーンで結託もしくは、マイナー自身がアービトラージャーにより実行されることから、MEVの取引はネットワークにおいて可視化されず、解決策を提示することも困難となっています。
そのような問題を解決することを目指すプロジェクトの一つとして、Archer DAOがあります。このプロジェクトは、最も価値の高いトランザクションを探すマイナーと最も速いトランザクションの実行を望むアービトラージャーをマッチングして、マイナーにとって最も価値が高いトランザクションの実行を可能とすることを目的としています。
なお、当プロジェクトについてより理解を深めるためにはMEVおよびFlashbotについての初歩的な知識が必要となりますので、事前に下記レポートをご参照ください。
本レポートではArcher DAOの概要を解説します。
公式Webページ:
https://archerdao.io/
ドキュメント:
https://docs.archerdao.io/
アプリケーション:
https://app.archerdao.io/

Archer DAOについて

MEVはイーサリアムネットワークの上で価値を移転させる機会を創造しており、事実上ブロックプロデューサー(マイナー)のための新たなインセンティブ・レイヤーを作っています。
本来であればマイナーがどの未承認トランザクションをブロックに収めるかは、オンチェーンの経済インセンティブメカニズムが機能して、トランザクション手数料が高い順に選ばれます。
しかし、マイナーはオンチェーンでは価値のないトランザクションであっても、オフチェーンでアービトラージャーが支払う報酬が受け取れて、それがマイニング報酬を上回る報酬額であれば、そちらをブロックに入れることを優先します。
このようにオフチェーンでのインセンティブ・レイヤーが機能してしまうと、適正なマイナーの競争が疎外されてしまい、結果的にはイーサリアムネットワークのセキュリティを毀損する恐れがあります。

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

タグ