Efinityの概要 Polkadot経済圏で稼働するNFT特化の独自ブロックチェーン

目次

  • 前提
  • Efinityの概要
  • 独自トークンEFIとENJの概要
  • 総論

前提

本レポートではEfinityおよび独自トークンEFIの概要について解説します。
EfinityはPolkadot経済圏で稼働するNFT特化の独自ブロックチェーンです。Polkadotは独自ブロックチェーンフレームワークのSubstrateで開発された様々な独自ブロックチェーン(Parachain)が、Polkadot(Relaychain)に接続されることでセキュリティが担保され、Relaychainに接続されたParachain同士がインターオペラビリティを得る設計です。
ParachainがRelaychainに接続されるためにはオークションによって権利を得る必要があります。今回のレポートで取り上げるEfinityはPolkadotに接続されることを目指す独自ブロックチェーンで、NFTを発行するゲーム企業やアーティスト、コレクターに特化したブロックチェーンとして開発されています。
Efinityの開発はEnjinが行っています。EnjinはERC-1155というNFTのトークン規格を開発したり、ゲームコニュニティプラットフォームを開発する企業です。ERC-1155は複数のNFTとFungibleなERC20トークンをラッピングして異なるNFTトークンを生成できるトークン規格です。例として、ゲームアイテムのナイフ3本・布1枚(合計4つのNFT)と0.1ETH(Fungible Token)をラッピングして、新しいNFTとして「宝箱」を生成するようなことができます。Enjinは独自トークンEJNを発行しており、EJNをラッピングしてERC-1155を生成できるツールセットを提供しています。
Enjinはこれまで長らくEthereum上でNFT関連のプロダクト開発をしてきた企業ですが、今回NFT特化の独自ブロックチェーンを開発する形になります。背景としては、低いトランザクションコストなプラットフォームで、NFTに特化した機能を実装しやすい独自ブロックチェーンが必要であると説明しています。
また一般的にNFTは流動性が低く市場で価格発見がされにくいことが課題でしたが、EfinityではネットワークレベルでNFTの取引を促進するような仕組みが作られています。
今回はEfinityの主要な機能などを概観します。
公式サイト:https://efinity.io/
ホワイトペーパー:https://efinity.io/whitepaper/company

Efinityの概要

EfinityはEnjinのチームが開発するSubstrateベースの独自ブロックチェーンです。
コンセンサスメカニズムはNPoS(Nominated Proof-of-Stake)を採用しており、大まかにはDPoSであると理解すれば問題ありません。詳しくは下記レポートを参照ください。
ただしこの際にステーキングされるトークンとしては、EFIではなくEnjinが過去に発行済のトークンENJが利用されます。これについては後述します。ネイティブトークンであるEFIはネットワークの手数料とガバナンストークンとして使われます。
EfinityはNFTを発行するゲーム企業やアーティスト、コレクターに特化した独自ブロックチェーンで、以下のような機能を備えています。なおEfinityは汎用的なブロックチェーンではなくユーザーが自由にアプリケーション開発やスマートコントラクトをデプロイすることは想定されていません。
・予測可能なトランザクション手数料
Efinity上の注文や取引には取引手数料がかかり、支払いされたネットワーク上のEFIプール(後述)に分配されます。
取引手数料は取引額のn%のように予測可能なものとなっています。NFTの発行者や開発者はサードパーティが行う取引から利益を得るために、追加の手数料を課すこともできます。

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

タグ