Polygonの概要(旧:Matic Network) ユースケースを拡大するEthereum上のレイヤー2ソリューション

目次

  • 前提
  • Matic Networkの基本概要 
  • Matic Networkのレイヤー2の仕組み
  • Matic Networkを使用するアプリケーション
  • 独自トークンMATICの概要
  • Matic Networkを含む様々なレイヤー2にアクセスできるプラットフォームPolygon
  • 総論

前提

本レポートではPolygon(旧:Matic Network)の概要について解説します。Polygonは、Ethereum上のレイヤー2ソリューションフレームワークです。近年Ethereumのブロックチェーンは混雑によりネットワーク手数料が高騰しており、スケーラビリティ問題が顕在化しています。トランザクションをオフチェーンで処理するレイヤー2はこの問題の有力な解決策です。
2021年上半期現在は、Optimistic Rollup、ZK-Rollupが特に注目されていますが、Matic Networkはそれらより先の2020年6月にメインネットローンチをしたスケーリングソリューションです。その後、2021年2月に、メインプロダクトとしてのMatic NetworkはPolygonにリブランディングしています。Matic NetworkはPlasmaとPoSを応用したレイヤー2で、PolygonはMatic Networkを含むOptimistic Rollupなど様々なレイヤー2を使えるプラットフォームのような位置づけです。
Matic Networkが2020年6月にメインネットローンチをして以降、Matic Networkに移行するプロジェクトは少しずつ目立ち始めています。レイヤー2のフレームワークには様々な選択肢がある中で、開発者にとってMatic Networkはその開発フレームワークの選択肢の一つとなっています。
関連レポート:スケーラビリティ技術の4分類 証明方法とデータの保管場所を軸に俯瞰する
https://hashhub-research.com/articles/2020-06-13-scalability-technology-4categories
今回のレポートでは、PolygonとMatic Networkの基本概要や独自トークンMATICについて解説します。
Polygon公式サイト:https://polygon.technology/
Polygonライトペーパー:https://polygon.technology/lightpaper-polygon.pdf 
Matic Network公式サイト:https://matic.network/
Matic Networkホワイトペーパー:https://github.com/maticnetwork/whitepaper

このレポートはBasicプラン、法人会員限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録するか、法人契約を行うことで続きをお読みいただけます。