中古車市場の透明性を高めるためのブロックチェーン活用手法 国内外の事例概観

目次

  • 前提
  • 中古車市場の課題
  • 事例1:シンガポールの中古車販売サイトsgCarMart.com
  • 事例2:オートバックスセブンによる査定情報付きCtoC中古車マーケット
  • 事例3:Daimlerの中国事業による来歴管理プラットフォーム
  • 総論

前提

本レポートでは、中古車市場の透明性を高めるためのブロックチェーン活用手法の概観をします。
自動車業界ではブロックチェーンを利用したデジタルトランスフォーメーションの波が活発化しています。特に注目されるケースとしては、複数社を跨いだ生産管理や、車両IDシステムの構築などが挙げられます。生産管理の面では自動車のサプライチェーンは非常に長く複雑性が高く、ブロックチェーンによる効率化の投資効果が高いと期待されます。また、自動車は消費者の手に渡った後も長い期間運用されるものであり、中古市場も存在するため、車両IDの活用も期待されます。これらについては下記のレポートなどで取り上げています。
関連レポート:トヨタのブロックチェーン構想を読み解く トヨタはブロックチェーンで何を出来るか、8つのアイデア
 https://hashhub-research.com/articles/2020-06-07-toyota-blockchain-concept
関連レポート:自動車業界におけるトレーサビリティ、サプライチェーンに焦点を当てたブロックチェーン活用の概況
https://hashhub-research.com/articles/2020-10-13-traceability-in-the-automotive-industry
本レポートで取り扱うのは自動車の中古市場についてです。中古車市場にも特有の課題があり、その課題をブロックチェーンが組み込まれたソリューションで解決できるのではないかと期待されている取り組みが複数あります。これらの動向を幅広く見ていきます。

このレポートはProプラン、法人会員限定のレポートです。

Proプランのユーザとして登録するか、法人契約を行うことでレポートの続きをお読みいただけます。