Hard Protocolの概要 Kava上に構築されるクロスチェーンマネーマーケット

目次

  • 前提
  • Hard Protocolの概要
  • 独自トークンHARDの概要
  • ユーザー目線でのKavaやHard Protocolについて筆者見解
  • 総論

前提

本レポートではHard Protocolの概要について解説します。Hard ProtocolはKava上に構築されるクロスチェーンマネーマーケットです。
Hard Protocolについて理解を進める前にKavaの前提知識が必要になりますが、KavaはCOSMOS SDKを基盤にした独自ブロックチェーンです。Kavaの主な機能は、BTCB(Binanceが担保にするBTCを表象したペグトークン)や、XRP、BNBを担保にしてUSDXというソフトペグのステーブルコインを生成できます。COSMOS SDKを基盤にしていることでクロスチェーンのアセットをKavaブロックチェーン上に取り入れることができ、その資産を担保にステーブルコインを生成しており、MakerDAOの仕組みをクロスチェーンで実現しています。Kavaについて詳しくは下記のレポートで解説しています。
関連レポート:Kavaの概要・考察。COSMOS SDKを用いてMakerDAOのような仕組みを実現するプロジェクト
https://hashhub-research.com/articles/2019-08-15-kava-overview
今回のレポートでメインで取り扱うHard Protocolは、このKavaブロックチェーン上に構築されたマネーマーケットで、Compoundのような機能を有します。同プロジェクトの概要・仕組み・トークンの役割などについて解説します。

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。