THORChainの概要  異なるブロックチェーン間のアセット交換を実現するクロスチェーンスワッププロトコル

目次

  • 前提
  • THORChainの基本概要
  • RUNEのトークンエコノミクス・トークンユースケース
  • 2020年現在稼働しているプロダクトやロードマップ
  • 総論

前提

本レポートではTHORChainの概要を解説します。THORChainは、異なるブロックチェーン間のアセット交換を実現するクロスチェーンスワッププロトコルです。
従来、特定のカストディ主体を必要とせずに異なるブロックチェーン間のアセットを交換すること、あるいは交換せずとも異なるブロックチェーンのアセットを担保にして別のブロックチェーン上で合成資産を組成することは困難でした。このような特定の第三者を経由せずに、複数のブロックチェーン間でアセットをやり取りすることはブロックチェーンのインターオペラビリティ(相互運用)と呼ばれ、様々なプロジェクトが取り組む重要なテーマになっています。例としてはCOSMOSやPolkadot、renBTC、tBTCの取り組みがあります。これらはいずれもブロックチェーンのインターオペラビリティに関する課題に取り組んではいますが、厳密に言えば解決しようとしている課題もアプローチも異なっています。
関連レポート:Ethereum圏を拡大させ、Bitcoinの利便性を向上させるrenBTCの概要
https://hashhub-research.com/articles/2020-07-11-renbtc-overview
関連レポート:Bitcoinで実現可能なDeFi・オープンファイナンスを概観する(サイドチェーン、アトミックスワップ、DLC、tBTC等)
https://hashhub-research.com/articles/2019-11-28-defi-in-bitcoin
関連レポート:ブロックチェーンを相互接続するプロジェクトであるCOSMOSとPolkadotのそれぞれ違い。及びその考察
https://hashhub-research.com/articles/2019-06-06-cosmos-vs-polkadot
今回のレポートで取り上げるTHORChainもまた、ブロックチェーンのインターオペラビリティに関連するプロジェクトです。同プロジェクトは複数のブロックチェーンのアセットの流動性プールを形成して、クロスチェーンの分散型取引所を実現します。本レポートでは同プロジェクトの基本概要や独自トークンRUNEの役割について解説します。
公式サイト:https://thorchain.org/

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。