zk rollupsは何故長期的に有望なレイヤー2技術として考えられるか

目次

  • 前提
  • Optimistic Rollupとzk Rollupの特徴の振り返り
  • Optimistic Rollupの欠点
  • zk rollupsは何故長期的に有望な技術か
  • 総論 

前提


本レポートではZK rollupsは何故長期的に有望な技術かについて解説します。
執筆時点でレイヤー2と呼ばれる技術としてOptimistic Rollupとzk Rollupの2つの有力なフレームワークが存在します。2021年9月時点ではOptimistic Rollupが先行しており、その中でもArbitrumはレイヤー2のプラットフォームとして最も資金量が流入しています。(Polygonは少なくとも現時点でサイドチェーンの性質が近いため考えないものとする)
https://l2beat.com/
Arbitrum以外にも近々Optimismが、開発者・ユーザーに対してパブリックになる見込みでありその際はArbitrumを追随する成長も期待できます。
しかしながらレイヤー2の長期的に有望な技術としては、Optimistic Rollupではなくzk rollupsであると考える有識者も多いです。
Ethereum共同創業者のVitalikはOptimistic Rollupは過渡期の技術であり長期的にはzk rollupが支持されるだろうと個人的見解を示しています。なおVitalikはゼロ知識証明をスケーリングに活用する企業であるStarkWareに投資もしています。
Polygon Networkは長期的にzk rollupの技術に投資をすることを発表し、同時にzk Rollupを開発するチームであるHermez Networkを$250M相当のMATICトークンでの買収を8月に発表しました。
今回のレポートではなぜzk Rollupsが長期的に最も有望なレイヤー2と期待されているか、加えて比較してOptimistic Rollupの課題、それに対するzk Rollupsの優位性について整理します。

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

タグ