【無料公開】業界別ブロックチェーンを利用したデジタルトランスフォーメーション事例

目次

  • 革命的と言われるブロックチェーン、一方で深まらないビジネス適用の手触り感
  • 業界別ブロックチェーン事例レポートを無料公開

革命的と言われるブロックチェーン、一方で深まらないビジネス適用の手触り感

「ブロックチェーンはインターネットに匹敵するイノベーションである」という表現は多くの人が一度は聞いたことがあると思います。
一方で、どれだけ革命的な技術であると主張したところで、ブロックチェーンが産業にどのように利用出来るか手触り感が沸かない人もまだ多くいるだろうと思います。
IT技術のリサーチ・コンサルタント企業であるガートナーは、ブロックチェーンは2027年に成熟を迎え、ほとんど全ての産業に関連するだろうと述べています。商業価値は2022年には100億ドル、2026年には3600億ドルに拡大、2030年には3兆1000億ドルに増える見込みだとしています。
参照: https://www.gartner.com/en/newsroom/press-releases/2019-09-12-gartner-2019-hype-cycle-for-blockchain-business-shows


しかしながら、まだ多くの人にとって、この産業価値予測が表すコスト削減、売上増加の効果は解像度は必ずしも高くないはずです。ブロックチェーンが説明されるとき、よく用いられる言葉は以下のようなものがあります。
・価値のインターネット
・信用コストの削減
・改ざんが出来ない分散的なデータベース
・スマートコントラクトによるビジネスプロセスの自動執行
これら全てはブロックチェーンの特徴を表していながらも、この言葉だけではいずれも抽象度が高く、または一つ一つが一面的です。実際にどのように利用され、具体的な投資効率があるかや、ビジネスモデルを構築するというような話までは想像がしにく場合も多いかと思います。

業界別ブロックチェーン事例レポートを無料公開

HashHub Researchでは業界別のブロックチェーンの利用事例を纏めたレポートを無料配布しています。業界は以下に分類して、総量37ページのレポートとなっています。金融・製造と小売流通・メディアやゲーム・ヘルスケア・エネルギーと政府・行政という分類で、実例をわかりやすく紹介しています。
弊社のレポートは、いずれの事例の紹介においても、前提の業界の問題や社会課題を説明し、それに対してどのような技術が有効で、結果としてどのような付加価値やコスト削減が期待されるかという文脈で紹介しています。
これらのレポートは、ブロックチェーンに既に取り組んでいる事業者や調査段階の事業者様まで、様々な方に役立つ内容になっています。先端技術の活用をご検討されている方は、こちらからダウンロードください。