ネットワーク化するサプライチェーン、及びロジスティクスの考察

目次

  • 前提
  • インダストリー4.0で供給網はクモの巣状にネットワーク化する
  • クモの巣状に進化するサプライチェーンをマネジメントする新たな方法の必要性
  • 総論

前提

本レポートは、COVID-19、インダストリー4.0を踏まえてネットワーク化が求められるサプライチェーンとそのマネジメント如何を考察します。

Executive Summary

  • 自動車産業のサプライチェーンのあり方、所謂固定的な取引関係を前提としたジャスト・イン・タイム体制がCOVID-19の影響下で物流網の停滞に影響(調達先の急な変更に対応できず、生産が滞る)
  • サプライチェーンを構成する各プレイヤーを特定の地域に集中させることがリスクとなるため、より多様な地域に関与するプレイヤーを分散させる必要性がある。
  • 上記の課題とは別により大きな市場の動向としてマスカスタマイゼーションでのモノづくりを前提としたインダストリー4.0という時代の到来が予測される。その点からも従来のサプライチェーンはより多様なプレイヤーを含むサプライチェーンへと変化することが求められる。
  • 従来のサプライチェーンマネジメントは固定的な取引を前提としたシステムに依存している。今後求められる多様なプレイヤーが関わる供給網を最適化するには、異なる主体の間を常に動き続けるモノをデジタル上で追跡し、一元管理できるシステムが新たに求められる。
  • 候補としては従来のオンプレミスシステムを個々に結びつける方法、クラウドを用いる方法、Blockchainを用いる方法に大きく分けられ、その模索がこれから試されていく。

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。