暗号通貨決済スタートアップFlexa Networkの概要 クリプトエコノミクスで暗号通貨の決済の効率化を目論むプロジェクト

目次

  • 前提
  • Flexa Networkの基本概要
  • 決済用モバイルウォレットのSpednの概要
  • 決済ネットワークとしてのFlexa Network、Flexa Coinのユースケース
  • Flexa Coinのトークンディストリビューション
  • 同プロジェクトに対する筆者評価
  • 総論

前提

本レポートでは、暗号通貨決済スタートアップFlexa Network(参照: https://flexa.network/ )の概要について解説をします。
暗号通貨のペイメントを事業ドメインにしたスタートアップは以前から存在し、代表的な企業はBitpayでしょう。しかしながら、暗号通貨のペイメント事業者は取引所事業者などと比べて低い成長率となっています。これにはBitcoinを中心として、暗号通貨そのものの設計があまり決済に向いていないことも強く影響しているでしょう。
d10n Labでは、暗号通貨の決済に関する概況として下記のレポートを過去に配信しています。
*レポート:ペイメントとしての暗号通貨を考える。通貨・決済としてのビットコインおよび暗号通貨、ペイメント系プロジェクトの分析まで
https://hashhub-research.com/articles/2018-09-02-overview-crypto-payment
暗号通貨の決済利用は不向きであると思われながらも、Flexaはユニークな手法決を拡大しようとさせており、2019年にローンチした新興の暗号通貨決済事業者です。

このレポートはBasicプラン以上のご契約者様限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録すると続きをお読みいただけます。