サプライチェーンファイナンスのためのOS・Centrifugeの概要、仕組み

目次

  • 前提
  • サプライチェーンファイナンスの基礎概要とブロックチェーンの適用
  • Centrifugeの概要
  • Centrifuge OS、金融情報のドキュメントをプライバシーを保ったままやり取りする仕組み
  • Privacy-enable NFTsが、実際にビジネスでどのように動作をするか
  • 請求書などのアセットNFTをDeFiのエコシステムに接続するTinlake
  • CentrifugeによるEthereumから、Substrateによる独自ブロックチェーンへの移行・Centrifuge Chain
  • 総論

前提

本レポートでは、Centrifuge( 参照:https://centrifuge.io/ )の概要・仕組みを解説します。
Centrifugeは、サプライチェーンファイナンスのためのOSを称するプロジェクトです。具体的には、請求書をはじめとした債権をブロックチェーン上でトークン化し、金融価値を持たせて流動化させることなどがソリューションとして既に提案されています。
ブロックチェーンのサプライチェーンファイナンスへの適用は、情報とお金の透明性・追跡性を高めることができると期待され、相性の良い分野であると言われます。Centrifugeは、パブリックブロックチェーンで構成されながら、ビジネス利用を想定した仕組みを構築しています。

このレポートはBasicプラン、法人会員限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録するか、法人契約を行うことで続きをお読みいただけます。