不動産のトークン化をパブリックブロックチェーン上で行うRealTの概要、実装、法的スキームまで

目次

  • 前提
  • 不動産のトークン化をパブリックブロックチェーン上で行うRealTの概要
  • RealTの法的スキームについて
  • 不動産のトークン化をパブリックブロックチェーン上で行う利点
  • 総論

前提

本レポートでは、不動産のトークン化をパブリックブロックチェーン上で行うRealT
(参照:https://realt.co/)の概要について取り扱います。
不動産などの現実世界のアセットをトークン化するSecurity Tokenには数多くの事例が生まれています。そのほとんどがコンソーシアムブロックチェーン上で実装・取引がなされ、パブリックブロックチェーンを使用する事例はなくはないものの数少ないです。今回はそのパブリックブロックチェーン上でのSecurity Tokenの取り扱いの中でも特に興味深い事例であるRealTの事例を取り上げ解説します。

このレポートはBasicプラン、法人会員限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録するか、法人契約を行うことで続きをお読みいただけます。