主要なアジアの国における暗号通貨取引所、Security Tokenの規制、方向性の概観

目次

  • 前提
  • 日本におけるSecurity Tokenの規制、方向性
  • タイにおけるSecurity Tokenの規制、方向性
  • シンガポールにおけるSecurity Tokenの規制、方向性
  • 香港におけるSecurity Tokenの規制、方向性
  • 総論

前提

本レポートでは、主要なアジアの国におけるSecurity Tokenの規制、方向性を概観し、日本・タイ・シンガポール・香港を取り上げます。
日本はアジアの中ではGDPが最も大きく、タイは経済規模が中堅ですがSecuiry Tokenに先進的な国であり、シンガポールと香港は金融ハブとして重要なポジションであることから取り扱います。中国については公開されている限り、現時点でSecurity Tokenの議論は進んでおらず、政府内部で規制が準備されている可能性がありますが、今のところ取り上げるべき有用な情報はありません。
なお筆者は規制の専門家ではなく、規制の細かな内容については正確性を欠く場合があることを予め免責しておきます。
本稿は各国の大まかな動向を把握して、読者がより深く調べることや興味を得ることを目的にしており、正確な情報やより詳しい内容は現地に精通する弁護士などを当たることをおすすめしています。

このレポートは会員登録ユーザー限定のレポートです。

ユーザー登録すると無料で続きをお読みいただけます。