分散的にデータベース・アイデンティティ(ID)を管理できる3Boxの仕組み・概要

目次

  • 前提
  • 3Boxの仕組み
  • 3Boxが可能にすること・ロードマップ
  • プロジェクト略歴、投資家
  • 総論

前提

本レポートでは、分散的にデータを管理する仕組みの3Box(参照:https://3box.io/ )についての概要・仕組みを解説します。
「分散的にIDやデータを管理する。」というコンセプト自体は、ブロックチェーンがもたらすメリットの一つとして期待されており、他にも様々なプロジェクトが存在します。
過去には以下のようなレポートを配信しています。
*レポート:DID(DECENTRALIZED IDENTIFICATION)の概要。その背景や標準化などについて
https://hashhub-research.com/articles/2019-09-05-did-overview
*レポート:Universal Login(ユニバーサルログイン)についての解説
https://hashhub-research.com/articles/2019-09-12-universal-login-overview
3Boxは、同じく分散型データベースを目論むプロジェクトです。
既に稼働しており、集権的な管理者がいないプロフィールなどを構築できるようになっています。

このレポートはBasicプラン、法人会員限定のレポートです。

Basicプランのユーザとして登録するか、法人契約を行うことで続きをお読みいただけます。