取引所トークンを俯瞰する 利益還元モデルからトレードマイニングまで

目次

  • 取引所が発行するトークンとは
  • 取引所トークンは、現実のキャッシュフローに紐づく現状ほぼ唯一のトークンカテゴリ
  • 取引所トークンのモデル事例と考察1:Binance
  • 取引所トークンのモデル事例と考察2:Huobi
  • 2018年5月に創業をしたFCoinと、Trans-fee mining
  • FTのディストリビューション、FTトークンの設計
  • Trans-fee miningの基本設計、FTの発行メカニズム
  • FT以外のFCoinトークンのFcandy、Locking as Mining について
  • Binance CEOのCZのトレードマイニングへの批判点
  • FCoin CEOの「トレードマイニングはスキャム」に対する反論
  • Trans-fee miningの是非に対する見解、問題点を分解し、より可能性のあるTrans-fee miningを検討する
  • 取引所トークン総論

取引所が発行するトークンとは

本レポートでは取引所トークンについて俯瞰していきます。主要各取引所のトークン、設計概観、トレードマイニングの是非、などについて触れて行きます。
現在、Binance、FCoin、Kucoin、Huobi、Bitmartなどをはじめとして様々な取引所がトークンを発行しています。トークンのモデル設計は取引所ごとに異なり、2018年6月に入ってからは特にトレードマイニングという設計の取引所トークンが注目を浴びています。
一般的に取引所トークンは、中央集権取引所が発行をするトークンを指し、発行体が存在する株式会社発行のトークンです。 
取引所トークンの元祖は、2017年に7月にICOをしたBinanceです。その後、香港ベースの取引所であるKucoinなどがこのBinanceの設計を踏襲し、さらにHuobiなどがこれに続きます。 
これらを第一世代の取引所トークンとすると、第二世代の取引所トークンがFCoinをはじめとしたものになります。FCoinはHuobiの元CTOが2018年の5月に創業した取引所で、FTという自社トークンを発行し、トレードの出来高に応じてトークンを配布するモデルを設計しました。これが一般的にトレードマイニングと呼ばれます。 
一ヶ月もたたないうちに、CoinEx、CoinPark、BKEXといった取引所がFCoinのモデルを模倣し、トレードマイニングは一時トレンドになります。今年の7月にトレードマイニングの人気はピークになり、出来高上位の取引所は、ほとんどがトレードマイニングを採用する取引所となりましたが、これについてはフェイクのボリュームであるという批判もあり、BinanceのCEOなどはトークン設計自体が詐欺的である、とも批判をするなど議論を呼んでいます。
本レポートでは、主要取引所トークンのモデルを整理し個別の考察をしたあとで、各トークンモデルを比較して、より詳細な分析を試みます。

このレポートは会員登録ユーザー限定のレポートです。

ユーザー登録すると無料で続きをお読みいただけます。

既に会員の方はログインへお進みください。