Jarvis Network 様々な法定通貨連動型ステーブルコイン発行プロトコル

目次

  • 免責事項
  • 要約
  • Jarvis Networkの概要
  • 主要機能 
  • 課題とリスク
  • 総論

免責事項

今回のレポートは情報提供を主目的としており、金融商品・暗号資産・トークン等の勧誘を目的としておりません。 最終的な投資意思決定は、ご自身の判断でされるようご理解ください。そして、当該情報の正確性および完全性を保証または約束したものではありません。また、本情報に基づいて被ったいかなる損失についても一切責任を負いません。

要約

今回はJarvis Networkに関するレポートになります。Polygon上のCurve FinanceにてJPYC - jJPYペアを活用した方や目にした方もいらっしゃるかもしれませんが、そのjJPYといった様々な法定通貨にペッグするステーブルコインを発行するJarvis Networkについて本レポートで取り上げてます。Jarvis Networkの第一のプロトコルとして名付けられたSynthereumがありますが、このプロトコルが行っていることは様々な法定通貨にペッグするステーブルコインを発行するプロジェクトになります。

Jarvis Networkの概要

Jarvis Network(Synthereum)とは

Jarvis Networkの第一のプロトコルとして名付けられたSynthereumは様々な法定通貨にペッグするステーブルコインを発行するプロトコルです。​​Synthereumで発行されるステーブルコインは、総称してjFIATと表現されています。jFIATでは、各国の法定通貨の頭に”j”をつけて、トークンを区別しています。例えば、日本円と連動するステーブルコインであればjJPY、ユーロと連動するステーブルコインであればjEURと表現されます。

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

※免責事項:本レポートは、いかなる種類の法的または財政的な助言とみなされるものではありません。

タグ