Lightning Networkエコシステムの現況とプライバシー規制の影響による課題

目次

  • 前提
  • エコシステムの現況
  • プライバシー規制の影響と課題
  • 総括

前提

本レポートでは、Lightning Network(以下、LNと表記します)におけるエコシステムの現況を俯瞰し、執筆時点におけるLNへのプライバシー規制の影響と課題について考察します。
エコシステムの現況では、LN上でマルチアセットを扱えるTaroと流動性プロバイダーとして様々なサービスを提供するVoltageの概要を解説します。プライバシー規制の影響では、2022年8月8日の米国財務省海外資産管理局(OFAC)がTornado CashをSDNリストに追加したことに関連させ、LNのプライバシーの概要を解説し、今後の展開に対する筆者の考察を行います。
なお、LNとは、BTCを高速・低手数料で送金可能な仕組みです。BitcoinをL1として、その恩恵を受けつつオフチェーンのL2に各自がペイメントチャネルを開設し、2者間通信の集合体のようなネットワークを形成して取引を行います。
LNの基礎的な仕組みの概要は、以下の関連レポートおよび参考リンクを推奨します。

このレポートはBasicプラン、法人アカウント限定のレポートです。

Basicプランのユーザー、もしくは法人アカウントのユーザーがレポートの続きをお読みいただけます。

※免責事項:本レポートは、いかなる種類の法的または財政的な助言とみなされるものではありません。

タグ